旅先や部屋に加湿器がない時は代わりの物で風邪予防をしよう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
cotton7

冬の乾燥時期は風邪やインフルエンザが流行ります。
風邪予防には加湿するのが良いって聞くけど、加湿器がない時はどうしたらいいの?と思われている方に、代わりの物で加湿する方法をご紹介します。
しかり加湿して風邪を予防しましょう♪

Sponsored Link
  

旅先や部屋に加湿器がない時の加湿の注意点は?

冬の季節になると暖房による部屋の空気の乾燥が気になりますよね。
空気が乾燥すると風邪を引きやすくなったり、インフルエンザも恐い。><

旅先や部屋に加湿器がない時でも、加湿をする事は大事です!

でも、湿気によるカビが気になるので加湿器は使いたくなかったり、旅先で加湿器が設置されていない場合もあります。

ではどうすれば空気中の湿度を上げる事が出来るのか?簡単に言えば、空気中の水蒸気量を増やせばいいのですが・・・
でもここで気をつけないといけないのが、空気の水蒸気量は気温にも関係するので、部屋の温度が低いと暖かい時より空気は水分を含んでくれないんです。

湿気について詳しい話はこちらをどうぞ♪
湿度の求め方は?風邪インフルエンザ対策!室内の適正湿度は?

そこで、風邪やカビ予防を考えた加湿をするなら、ウイルスは湿度40%以下で気温15~18度の時に繁殖が活発になるので、気温は18度以上で湿度は40%以上。
カビやダニが増殖するのは湿度60%以上なので、湿度は40%以上60%未満に出来れば風邪とカビ予防になりますので、部屋は室温18度以上になるようにして、加湿をしていきましょう!

部屋で加湿器の代わりに使える物

まず、家の部屋で加湿器の代わりに使えるものを紹介します。
※加湿が早い順番です

<空気に水分を与えるタイプ>

・お湯を鍋ややかんで沸かし、部屋に置く。
・タオルを水に濡らし水が垂れないぐらいに絞り、部屋でタオルを振り回す。
・霧拭きスプレーで部屋やカーテンに水をスプレーする。
※持っていれば 美容スチーマーの美顔器を加湿器代わりにする。

<空気に水分を奪ってもらうタイプ>

・濡れたタオルを部屋につるして置く。
・コップや入れ物に水を入れて部屋に置く。
※新聞紙・フェルト・使い捨ておしぼり・コーヒーフィルターなどを入れると水の蒸発を促します。
・水槽を部屋に置く。
・植物を部屋に置く。
・床を水拭きする。(若干ですが。。。)

空気が乾燥していると、私たちのカラダからも水分が奪われてしまいますので私たち自身の水分摂取も気をつけなければいけませんね。

Sponsored Link

旅先の部屋で加湿器がなくても加湿して風邪予防をしよう♪

旅先に持って行けるものをご紹介します。

・化粧水用スプレー(最近は空気圧縮タイプもあって、細かな霧が出ます。中の水は現地で入れます。)
・ハンディースチーマー(小さくて顔用ですが、寝る時に顔と枕元周りにもスチームしておくといいですよ)
・薄手で長めの長タオル(旅行中にも使えますし、部屋で振り回し&干し用です)
※使用後のバスタオルを部屋に吊るす。
・使い捨ておしぼり(コップに水をいれて水から少し出るように入れると簡易加湿器)

さいごに

我が家は加湿器も使っているのですが、湿度が低いなと感じる時は長タオルを部屋でブンブン振り回しております♪
もちろん旅先では、体調を崩さない為にも寝る前の儀式のように振り回しております。(笑)

これほんとに空気が変わるんですよ!是非試してみて下さいね。^^

こちらの記事も良かったらどうぞ♪
長距離移動の乗り物での疲れと乾燥への対策!必需品と便利グッズ♪

長時間運転や長時間移動での腰痛はテニスボールで疲労も軽減する方法

筋肉痛はなぜなるの?和らげて早く治す時の疲労回復救世主は鶏肉♪

湿度の求め方は?風邪インフルエンザ対策!室内の適正湿度は?

冬の寝室加湿器の湿度設定と枕元が良い理由エアコンがカビる置き場所は?!

寒さ対策の工夫をしよう♪防寒インナーおすすめと部屋着と寝るときは?

加湿器はハイブリットがおすすめ!手入れ楽で衛生的 静音おしゃれランキング☆

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存