クリスマスクルージングは寒い?デートの服装髪型と靴はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
christmas000

クリスマスの時期、まだ暖かい年もあったり、急に寒くなって雪がちらほらと降って、素敵なホワイトクリスマスの時もありますよね♪

今年のあなたのクリスマスクルージングデート♪に向けて、服装と髪型のイメージと寒さ対策もご提案します!(^ ^)

Sponsored Link
  

クリスマスクルージングは寒いの?デート服と靴はどうする?

大型船の遊覧クルージングプランは、ドレスコード(こんな感じの服装にして下さい=服のスタイル指定)特にありません
※ただし、結婚式やパーティーの場合は除く

なので、クリスマスクルージングは肩出しドレスとかを着なくてはいけない。という事はありません。

船内はちゃんと暖房が効いているので、ドレスを着たい♪と思っている人はもちろんオシャレして下さいね!

でも、ドレスまでエレガントにならないとしても、せっかくのクリスマスデート!
パンツスタイルよりワンピースやスカートなどのデート服で行きましょう♪

イメージ的には、『品のあるお嬢様風のスタイル♪』が良いと思います。

次に靴ですが、甲板などは防水塗装をしていたりして滑りやすい所もあるので、持っている靴で滑りにくい靴にするのが良いでしょう。

ブーツでも服装にあったものであれば、無理してパンプスやヒールにする必要はないと思います。
スカートスタイルは足元が冷えますからね(^_^;)

クルージングの時の髪型はどうする?

船内から外に出ると、船の甲板は海風と船が進む速さの風を受けますので、かなり冷たい風が吹いている(吹きまくっている)と思ってて下さい(^^;

髪の毛は長めの人ならアップにして可愛くまとめたり、セミロングの人もサイド上げなど小顔効果のある髪型に!

風が吹いても崩れにくい髪型にしておく事で、甲板から船内に戻ってきた時に髪の毛バサバサで、メデューサになってた…(T_T)とか悲しい姿にならなくていいですよ!

帽子の流行りでハットなどがありますが、風で海に飛ばしてしまったら大変です…(><)
(海に物など捨てないよう注意事項もあります)ので、もし帽子をかぶるのなら飛ばないタイプの帽子を選んで!ベレー帽などが良いでしょう♪

Sponsored Link

見えない所でちゃっかり寒さ対策!

ずっと外に居るわけでもないのに、寒さを心配して服の内側にあちこち貼るカイロを仕込んだりするのはオススメしません。

暖かい船内でのぼせてしまったりして、万が一でも具合いが悪くなってしまっては、せっかくのデートが台無しです。・°°・(>_<)・°°・。
逆に防寒対策をちゃんとしてなくて、寒い甲板で無理をして風邪を引いてしまっても残念です…
寒い甲板に出る時の、『寒さ対策を強化する事!』です。

そこでまず、必須アイテムとしてマフラーやストール♪

マフラーやストールの首に当たる部分の見えない内側に、コッソリ貼るカイロを貼っておく!(小さめな物もあるので)

更に、寒がりさんはコートやダウンの内側に貼っておく!のがオススメです♪

もし彼も寒がりさんなら、彼用にも貼るカイロを持って行って、船に乗る前にコートの内側に貼ってあげたりすると、「気の利く子だな!」と喜ばれると思います(^ ^)

船内では、コート類のアウターは部屋の入り口近くで預けておけたりするので(船によって違うかもですが)内側にカイロを貼ってるのを人に見られたら恥ずかしいわ~(^^; って人は、ハンガーに掛けても見えないお腹側とか、肩に貼るのがいいですよ♪(首の後ろ側や腰の部分だと見えちゃうので…)

あと、コート類は風を通さない素材や・風を通しにくい素材(ダウンコート・内側にライナーが付いたトレンチコート・ウールコートに薄手のダウンベストをライナーとして重ね着するなど)を選ぶと良いですよ!

☆まとめ☆

ちゃんとオシャレと寒さ対策をして、優雅な海の上で素敵なクリスマスを楽しんで下さいね♪(^-^)/
  
「船酔い」も、ちょっと心配…って人は

こちらの記事も良かったらどうぞ♪

寒さ対策の工夫をしよう♪防寒インナーおすすめと部屋着と寝るときは?

乗り物酔いの症状を予防する対策とアルカリ性食べ物と飲み物を知っておこう!

乗り物酔いつわり予防にツボを押して乗り切ろう♪

Sponsored Link