筋肉痛はなぜなるの?和らげて早く治す時の疲労回復救世主は鶏肉♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
toriniku

先日、遊園地で3時間も休みナシで乗り物に乗ったら、全身バキバキの筋肉痛になってしまいました><
もう日頃の運動不足も忘れて遊び過ぎました。。。辛い筋肉痛は早く治したいですよね。トホホ・・・
筋肉痛を早く治す方法をご紹介します♪^^

Sponsored Link
  

筋肉痛はなぜなるの?

筋肉痛が起こるという事は、体を動かした運動に無理があった、耐えられなかった、・・・という事です。^^;私の場合は、気は若かったけどカラダはついてこなかった(笑)
やはり運動をよくしていて筋肉が強い人は、ちょっとの事では筋肉痛にはなりませんよね。

それでも誰にでも起こる筋肉痛。強い負荷がかかると筋線維は微小な損傷を起こして、人によってはひどく損傷する場合もあるでしょう。
筋線維には痛みを感じる神経はないけれど、壊れた筋繊維を修復しようと白血球が集まり、白血球が治してくれる際に痛みを生じさせる物質や痛みを増強する物質を発生させて、筋線維を覆う筋膜に物質が届く事によって私たちは痛みを感じるしくみなんです。
白血球が治してくれる事で、筋肉が熱を持ったり腫れたりもする炎症の状態になって辛いけど、カラダが必死に治してくれているって事なんですよね。白血球さんいつもありがとう!^^

筋肉痛になるのは、運動の激しさだけではなく筋肉の質にも関係してきます。
運動量が減ってくると使われない筋肉は痩せて(減って)きます。年齢の加齢とともに筋力は弱りやすい。筋肉が守ってくれている間はまだいいのですが、筋肉が弱りすぎると強い負荷によって関節や骨を損傷させてしまう可能性もあるので危険です。

体を動かすだけでなく、筋肉は骨や関節なども守り血流も促しカラダの内蔵も守ってくれているので、適度な筋肉を保つ事は健康を維持する為にもとても大事です。

筋肉痛になって日頃の運動不足を反省しつつ、この辛い筋肉痛をどうにか早く治しましょう!

筋肉痛を和らげて早く治そう!

先ほど、筋肉痛は筋線維の損傷とお話しさせて頂きました。筋肉痛も含む『急性痛』は炎症なのでまず冷やさなければいけません。
<急性痛>
・筋肉痛
・打撲
・捻挫
・こむらがえり

炎症とは、患部は熱を持ち・赤く腫れ・痛みがある状態です。アイスノンで冷やしたりコールドスプレーをかけたり、冷湿布を貼ったりして早めの冷やす手当てをします。
痛みや腫れがヒドイ時には、お風呂は短め(出来ればシャワー)で患部は温めてはいけません。

昔、太ももが肉離れしていたのに気づかず・・・単なる筋違いだわ~なんて、長風呂&ストレッチをした結果。
翌朝、私の太ももは見事に内出血を起こし紫色に腫れ上がってしまいました(**;)やってはいけない逆行動に、とてもお医者様に怒られました。(汗)

冷やしてみて痛みが治まってきたら、血流をよくする為に今度は温めたり温湿布をして早く治します。
しかし中には、筋肉痛ではない場合もあるかもしれませんので、冷やしても腫れや痛みが治まらない場合は早めに病院へ行って下さいね。

Sponsored Link

筋肉痛や疲労回復の救世主は鶏肉♪

私、鶏肉大好きなんです♪疲れやすいから好きなのか?好きだから回復が早いのか?

筋肉痛を早く回復させる為には、たんぱく質が必要です。

たんぱく質と言えば、肉・魚・豆腐・卵・牛乳・豆乳・きなこ、特に鶏肉の胸肉には疲労回復を助けるイミダペプチドが含まれ、良質のたんぱく質と共に是非たくさん食べましょう♪

更にビタミンB1・B6・BEやミネラル、乳酸を分解してくれる黒酢など、

・ビタミンB1(豚肉、レバー、うなぎ)
・ビタミンB6(さんま、にんにく、とうがらし)
・クエン酸(レモン、梅干し、黒酢)
・亜鉛(レバー、カキ、大豆)
・アミノ酸(豚肉、牛肉、鶏肉、あじ)

カラダの回復に良いものを食べたら・・・あとは『ぐっすり安眠です!』^^

さいごに

ついついはしゃいで遊んでしまい、次の日はあちこち湿布を貼りまくり^^;
鶏肉食べて、いっぱい寝て、元気復活です♪

いつまでも健康でたくさん遊ぶ為にも、軽い運動から始めたいと思う今日この頃です。

こちらの記事もどうぞ♪

長時間運転や長時間移動での腰痛はテニスボールで疲労も軽減する方法

長距離移動の乗り物での疲れと乾燥への対策!必需品と便利グッズ♪

乗り物酔いつわり予防にツボを押して乗り切ろう♪

乗り物酔いの症状を予防する対策とアルカリ性食べ物と飲み物を知っておこう!

旅先や部屋に加湿器がない時は代わりのもので風邪予防をしよう♪

家族旅行の計画は誰がする?目的と旅育効果と楽しみ方を考える♪

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存